ながおさ整形外科  
CONTENTS
HOME 受付時間のご案内 ネット予約 診察待ち状況 診療内容 院長ご挨拶 理学療法士募集中 看護師さん募集中 お問い合わせ

診療内容

整形外科の診療部位

せぼね(脊椎):頸椎、胸椎、腰椎、仙椎、尾骨、骨盤
上 肢:肩関節、上腕、肘関節、前腕、手関節、手、手指
下 肢:股関節、大腿、膝関節、下腿、足関節、足、足指

主な疾患

脊 椎:腰痛、肩こり、寝ちがえ、いわゆる猫背、坐骨神経痛など
    坐骨神経痛の原因の多くがヘルニアと狭窄症です。
上 肢:五十肩、野球肩・肘、テニス肘、手関節痛など
    下肢と異なり、体重がかからない部位です。
下 肢:膝痛、股関節痛、足関節捻挫など
    体重がかかる場所なので、歩行に影響します。
スポーツ外傷 複数の部位が同時に関わります。
    足関節、膝関節、腰椎、肩・肘などの急性・慢性外傷
関節リウマチ 全身の関節が対象になります。
    主に下肢のほうが影響でやすいです。

主な治療方法

運動器リハビリ
薬剤
  関節リウマチへは従来型抗リウマチ薬まで使用します。
  生物製剤はご紹介先医療機関に依頼しております。
注射:関節内、腱鞘内、神経ブロック
神経ブロック:トリガーポイント注射、腰部硬膜外ブロック、腰部神経根ブロック
ギプス、骨折徒手整復など
  X線イメージを必要で使用します。
手術が必要かどうかを適確に判断して専門医療機関までご紹介いたします。
膝関節鏡視下手術
  院長が院外共同手術にて担当いたします。
  手術は水曜日午後になります。
  術前から術後まで計画的にご支援いたします。
  詳細は診察にてお問い合わせください。

考えごと:

社会情勢の変化に伴い、当院でも診療内容が変化しつつあります。開院当初は、院内外で膝関節の手術を担当させていただきました。特に院外手術では、協力してくださる医療機関の先生方やスタッフのみなさまには大変にお世話になりました。診療内容は徐々に変遷し、現在は診療所ならではの医療の分野を増やしてきております。それは整形外科の傷病に対して「手術なし」でどこまで症状の改善に貢献できるか、患者さんの「努力が報われる」医療をいかに提供できるか、がテーマです。

医療の高度化、医療費の増大という社会情勢があります。その一方で、適確かつ正確な情報収集とその提供こそが、医療費削減や、患者さんご自身の努力が報われやすい医療につながると、考えております。幸い整形外科では、行動変容につながる、リハビリという分野があります。元来、リハビリの語源は、習慣を変えることにあります。そこで当院での診療内容では、リハビリを通じて習慣を変えること、それが結果的に患者さんの症状の改善に貢献できることを目標にしております。当院には数名のリハビリスタッフが勤務し、日々、切磋琢磨しながら熱心に患者さんと向き合っております。彼らと共に、診療に励んでいきたいと考えております。

リハビリは、「通院」というイメージが定着しています。実際にはそうではありません。カラダの故障には、原因がありますが、ご本人が気づかない習慣や活動が背景にあります。たとえば、腰痛では前かがみが多くの動作原因になります。「腰を丸めない動作をご存じでしょうか、これを目指してみませんか?」というのが課題・テーマになります。その課題をご自分のペースで解決していく過程には、何気ない動作の習慣を変える作業が必要です。ご本人が主体となって、習慣や活動を変える作業をリハビリでお手伝いいたします。ので、「通院」いただくより、リハビリを「ご利用」いただくイメージです。

脊椎や上下肢を含め、カラダに生じる障害には、意識、無意識の生活習慣や身体活動が非常に大きく関わっています。これらを客観的に評価し、原因としての習慣や活動が、結果としての症状や病態(ヘルニアや猫背、膝痛、肩痛など)の発生にどのように関わっているかを考察しながら、診療にあたっております。無意識の習慣や活動を意識化する試みは、始まったばかりです。おかげさまで、オピオイドに代表される鎮痛剤の消費が、減少ないしゼロに至った患者さんを少しずつお見かけできるようになりました。薬剤だけに依存しない医療の方向性を探っている昨今です。

ご自分のカラダを正確に知り、より良い習慣や活動と出会い、長持ちするカラダ作りに貢献できましたら幸いです。

追記:

現代は少子高齢化という時代です。
高齢化では、人生100年時代と言われて久しくなりました。当院でも、人生の晩年期にあたる患者さんが増えており、いわゆるユーフォリア(多幸感)の中で時を過ごされる患者さんが少なくありません。欲の少なくなった晩年を生きる患者さんご本人とご家族の人間模様を垣間見ながら、医療が提供できる限界を感じる昨今です。

少子高齢化という現代の課題の、もうひとつ側面、少子化では、運動を含めて子供さんの二極化という特有の現象があります。それは、ひとつのこと、特定の運動種目に集中する子供さんと、ほとんど運動を行わない子供さんの二極化です。前者では、多種目の運動経験が少ないため運動技術(スキル)を磨く機会が減る一方で、やり過ぎ症候群の患者さんが生まれやすい背景があります。前者のやり過ぎ症候群に陥りやすい子供さんと、後者のほとんど運動を行わない子供さんという二極化の存在。診療所として子供さんや保護者の方々とどう向き合ったら良いか、考えさせられることが多くなりました。特に学童期の子供さんは、自分の課題を自分の行動に変換することがまだ苦手な世代です。保護者の方々のご苦労が忍ばれます。

社会情勢の変化と、それに付随する人間の特徴を踏まえて、どのように診療に役立てられるか、なども思案しております。

 


ながおさ整形外科 〒960-8165 福島県福島市吉倉字八幡8-1 TEL:024-544-1852 FAX:024-573-4670
Copyright(C) 2006- NAGAOSA orthopedic clinic. All rights reserved.